• https://www.facebook.com/pages/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%B9/761059013965498https://www.facebook.com/pages/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%B9/761059013965498

アルコイリスインカの台所オンラインショップKANBAN-RIG.jpg

インカインチオイルについて


HOME > 商品一覧 > > インカ天日塩について

インカ天日塩の故郷

インカ天日塩の故郷は標高3000mにもなるペルーアンデスのマラス村にある棚田塩田です。
インカの時代に作られたこの塩田は、インカ伝統の天日塩製法と共に先祖代々大切に伝承されてきました。

マラス塩田

※クリックすると拡大します

インカの白金

マラス塩田
渓谷に映える棚田(白い箇所)

谷の急斜面に張り付く3000枚以上の棚田塩田で製塩業が営まれています。
ここで収穫される塩は代々インカ皇帝へ献上されていたことから、
「インカの白金」と称えられ、かつては遠くボリビアより商人がはるばる
買い求めに来たと言います。

源泉から湧き出る塩水

今から何億年も昔のこと。
大陸が動き、海底が隆起し、今のアンデス山脈が形成された当時、
この地球規模の大きな地殻運動の過程で太古の海水は地中深く
閉じ込められ、気の長くなるような年月をかけて岩塩へと
成長しました。アンデスの霊峰群を白く彩る万年雪が解け出し、
大地へ染み込み、地下の岩塩と溶け合う毎に、マラスの大地の
地下深く塩水層が大きく成長し、マグマのエネルギーにより
暖められた地下水が、世にも稀な塩水温泉として地上に湧き出し
今なお、マラスの塩水源泉からは絶えることなく天然の地下かん水が沸き続けています。

マラス塩田
塩田の準備をする人々

塩の結晶

天然地下かん水温泉から湧き出たばかりの塩水は、
棚田に引き込まれ、村人によりまさに『耕す』と呼ぶにふさわしい
手が加えられた後、強烈なアンデスの太陽と谷を駆け降りる風が、
旨みが凝集した最高の天日塩を作り出します。
まさに、人と自然が織り成す絶妙なハーモニーの結晶です。

it_process.jpg

塩の製造&出荷風景